プロフィール

 

 

 

 

 

 

 

加藤雅史

2015年、加藤雅史建築設計事務所を設立。木造建築の温熱環境・耐震設計を得意としていたが、空き家問題に興味を持ち、地域の活性化を行いながら空き家の利活用を進めていく。 2018年県北ビジネスプランコンテストで空き家のリノベーションをテーマにした事業プランで優秀賞受賞。クラウドファンディングを活用して水戸市泉町の活性化を図る。2019年4月、CANVAS合同会社を設立後、水戸市でコミュニティスペース「マチノイズミ」、ゲストハウス「ラグナロック」を企画・設計・運営。2020年6月、日立市より空き店舗の利活用事業を受託し、起業支援だけでなく地域の多世代交流拠点として機能するシェアオフィス「晴耕雨読」を企画・設計し、運営を始める。 2021年6月、パートナーの佐々木しづかと「おやつのじかん」をスタート。企画プロデュースが得意で、依頼主様の事業計画や収支計画と照らし合わせながら店舗設計をするなど、起業支援と建築設計を組み合わせて自己実現をサポートしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

佐々木しづか

20代から30代前半、空間デザインや店舗ディスプレイ・会場装花を生業とする。その後、33歳の時に1歳半の娘を抱え離婚。どうにかしなくちゃという焦燥感から2016年4月に飲食店をオープンする。働くママに向けたお弁当販売で1日100個の注文を受けるようになるが、自分の内側に繋がらないままのスタートだったため、苦しくなり1年で廃業をする。 自身の店舗の開業と廃業を経験後、その経験を活かして起業支援に携わる。取手市の創業支援事業「Match」の現場責任者を経て、2021年6月に古民家シェアスペース「あかりのありか」をオープン。 店舗の運営に自分自身が再チャレンジしながら、パートナーの加藤くんと「おやつのじかん」をスタートする。起業支援と空間デザイン担当。 こんがらがった思考を整えることが得意で、『小さなお店を始めてみる講座』を開催し、空間をデザインするときにも大切な事業の理念やビジョン・コンセプトを可視化するお手伝いをしながら自己実現をサポートしています。

私たちにできること

◆機会と場所の提供 (シェアオフィス・シェアキッチン・シェアスタジオ ・シェアサロン・一箱図書館など)
◆ショップやサロンなどの店舗設計・リノベーション
◆空き家・空き店舗の利活用・不動産のご紹介
◆起業に関するご相談や講座の開催
◆多拠点居住・ワーケーション・旅する暮らしのお手伝い

こんな方はぜひ一度、ご来店ください。
✓自分らしく生きたい。
✓いつか自分のお店をオープンしたい。
✓やってみたいことや叶えたい夢がある。
✓空間をリノベーションしてカタチにしたいものがある。

組織概要

運営元:CANVAS合同会社

代表:加藤雅史

事業内容:建築設計 ・起業支援 ・各種シェアスペースの運営 ・自社店舗の運営

事務所:茨城県ひたちなか市勝田中央1131-5

連絡先: info@・・・・・(準備中)